MENU

 ツイッターでパパ募集をやってみました。
ネットで出会いを探すのなんて初めてでしたから、このような方法でうまくいくのかもしれないと思っていました。
体の関係を作らないで、食事だけでお金をくれるパパを募集してみたのですが、ところが私のもとにやってくるメッセージというのが皆体目的だったのです。
セックスして2万円支払うって、完全に援助交際の申し込みでした。
私はそんなツイートなんか少しもしていないんですけどね、どこをどう間違えたのかセックスありでお金をと思ってしまっているみたいなんです。
また大きな勘違いとして、欲求不満だったらオナ電楽しもうって言うのもありました。
私は別に欲求不満じゃないし、そんなことまったく書いていないんですよね。
ちゃんとツイートのメッセージ読んでいるの?って感じでした。
プロフィールにだって体の関係を求めていないことを書いているのに、セックスしたいというやつばっかりなんですよ。
いくら何度も同じように、エッチしないでと言う事を投稿してみても同じような結果でした。
これってやっぱり使ったツールが間違っているのかな?って感じてきました。
それでちょっと調べてみたんだけど、パパ活成功者が呟いているのを発見してしまったんです。
優しいパパと食事だけでお小遣いをもらっている話を、ツイートしていたので思わずフォローしてしまいました。
DMで話し掛けてみたのですが、相手からも返事を送ってもらうことができました。
どうやら同年代のOLで、やりとりを始めることができて、そこからいろいろな話を聞かされていく事になったのです。
すると、完全匿名性のツールはかなり危険だと言われてしまいました。

やっぱりパパ探しと言うものも、それなりの方法があるようですね。
ビギナーの私は、このような方法で相手が探せると思っていたのですが、それは違った考えだったようです。